通いの場とは

柏市では、高齢者が住み慣れた地域で暮らし続けることができるような地域の支え合い活動を応援する制度が2016年に生まれました。高齢者向けの生活支援のサービスを提供する団体や、コミュニティサロン、コミュニティカフェなど、高齢者の通いの場を運営する団体を対象にした補助制度であり、これが「通いの場事業費補助金」です。

柏ビレジの取り組み

柏ビレジには、コミュニティカフェ「はなみずき」とコミュニティスペース「IVY-LABO」が存在しています。この両者が一体となり、地域の住民が健康で充実した暮らしができるような企画立案(含む介護予防)・運営/実施をすることで、柏市の7つの通いの場の一つとして認定を受けました。

これまでの取り組み

従来からの週5日のコミュニティカフェ・コミュニティサロンの提供に加え、ほぼ月1回の各種イベントを実施しています。各活動の詳細は下記「通いの場通信」バックナンバーを参照ください。

  「はなみずき」: ジャズコンサート・和菓子教室・歌声喫茶・折り紙教室 ワイン試飲会、塗り絵教室など
  「IVY‐LABO」: 体操教室・紅茶教室・ポールウォーキング教室・男の料理教室・ ピンポン教室など

通いの場通信 バックナンバー