1.まちの健康研究所「あ・し・た」管理業務

ららぽーと北館3階 まちの健康研究所 「あ・し・た」は、健康な毎日を支える「あるく」「しゃべる」「たべる」を軸に、先端の学術的知見に基づき公・民・学・産が一緒に創る、参加型の健康づくり拠点です。

スタッフ25名(柏の葉キャンパス等 つくばTX沿線の在住者21名も賛助会員として加わっています)で 「あ・し・た」の利用者のご案内とご説明・会員登録・各種体力測定等の業務を担当しています。


2.アクアテラス管理業務

国道16号沿い 雨水流出抑制を目的に造られた「2号調整池」を大規模改修し、親水空間化したもので、地域住民や就業者の「交流空間」を創出することで、街のさらなる活性化を図るとともに、水辺を活かした先駆的な環境整備で街の価値を向上させることで、国内外の企業や研究機関の誘致を加速し、国際学術研究都市・次世代環境都市の実現を目指します。

スタッフ22名が交代で施錠・解錠及び簡易清掃を担っています。


3.パラソル管理業務

柏の葉キャンパス駅西口から千葉大方面 道路両脇にパラソル14本がテーブルとセットで設置されています。訪れた方々はパラソルの日陰で休憩・食事・読書・パソコン等々のんびり過ごされいます。

スタッフ22名でパラソルの開傘・閉傘作業を担っております。





4.アクアテラス 灌水作業 (new !)

2017年5月から、アクアテラス親水公園脇に設置されたプランターの潅水作業を行ってきました。このプランターは、東京オリンピック開催時に道路脇に設置されますが、プランター素材の保水力・ 地中温度・草花の成育状況等の実証実験で各種データを収集するための事業でした。

2018年3月末で業務を終了してプランターを撤収する事になり、作業スタッフが真心こめて育ててきた草花を全員で移植しました。


アクアサイト倶楽部スタッフ

移植後の草花

5.らら・ポット 散水事業 (new !)

柏の葉キャンパス西口の街並みを彩る117基のポット&プランターの草花への散水作業です。

ビレジ在住のVS会員5名と柏の葉キャンパス在住者を中心とした13名(賛助会員)の計18名のスタッフで散水作業を担っています。

右写真: 2018年度初めての散水作業を4月6日に行いました。



6.柏の葉キャンパス駅西口 除草・剪定作業

柏の葉キャンパス駅西口 ロータリーから千葉大方面道路の両脇 植栽の剪定作業・除草作業を担っています。剪定作業=2回/年、除草作業=3回/年の実施。

特に、9月に実施される 「みこし祭り」は大勢の方が祭りに参加し楽しみます。「祭りの場を綺麗に !!」を合言葉に毎回作業時には、スタッフ25名程で実施しています。



7.柏ビレジ内 緑道管理業務

柏ビレジ内、第3緑道・第4緑道及び第4公園の剪定・除草作業を担っています。第3緑道・第4緑道及び第4公園は、木々の緑に誘われ散歩を楽しむ方々の定番コースとなっております。

ビレジサポートの象徴的な作業で 「交流:お喋り」と「ふれあい」を楽しめる貴重な場となっています。

2018年度 年間工程表(PDFファイル)